カテゴリー
未分類

あなたの時計の時間帯を5分割しなさい

あなたは1日をどのようにお過ごしですか?
わつぁひは一日の時間帯を5分割にして生活スタイルにしています。

では一日を5分割にするというのは飲んア物でh草加?
それは
①睡眠(一日に6~7時間)
②生きるための時間(食事・風呂・トイレ 約2~3時)
③仕事(通勤時間も含む 約10から12時間)
④体調維持(運動・休憩)や自分の趣味や遊び(約2ぁら3時間)
という風にしています。
意外と人間は毎日違うことをしているように見えても、実過去の5つのことhしかしていないのです。

①睡眠時間
睡眠時間には個人差がありますが最低6時間
多めの人でも8時間程度だと思います。
となると一日当たりまず夜中の12時ごろから午前6時か午前7時ごろまでは使えない時間になります。

②生きるための時間
生きるための時間は
朝・昼・晩の食事
時間威すれば早食いの人なら10分で済むかもしれませんがそれでは健康に良くありません。
やはり、20分から30分程度は核推したいものです。
ですので3回合計で平均すれば30分から1時間程度だと思います。
それに加えてお風呂屋トイレにお時間も加えれば2~3時間程度かと思います。
③仕事の時間
これが重要です。
しかし、これもその人のお仕事のスタイルによっても変わってきあmすが、会社員であれば勤務時間の長さによっても変わってきます。
この仕事の時間をいかに長く効率的に確保できるかがキーポイントです。
全体的には通勤時間も含めて午前7時半くらいから午後6時くらいまでの時間帯は仕事位になります。
④体調維持や趣味の時間
自分もための時間も必要不可欠です。
早起きができる人なら出勤前の時間を有意義に使いましょう。
早めに仕事を切り上げられる方なら、食事をしてお風呂に入っからの午後9時くらいから修身までの2時間から3時間を自分のための時間としてどのように使うか考えましょう。

この5分割に分けた自分の時計の時間帯
それぞれをいかに効率的に充実させるか?
そんな視点から時間の勇気着な使い方も考えてみてください。
ロレックス 形見 ボロボロ

カテゴリー
未分類

仕事を効率的に進めるなら出来るところから始めなさい

仕事を効率的に進めるには時間を無駄にしないことが大切なのは、みんなが知っていることです。
でも、これが意外地出来ていません。
この当たり前のことが出来ないおはなぜでしょうか?
それは全体の答えが見つかるまで行動を起こさない日おtが多いからです。
少し例を出してみましょう。多くにおホちは」
多くの人は「途中までやっても、そこで終わるのなた途中までやる意味は無くて無駄である」
と感じてしまいうからかもしれません。
でもできることからはじめることはとても重要なのです。

これは仕事は細分化しなさい!ともいわれています。
仕事を各構成要素に分けてこなしていくやり方です。
細分化してその構成要素でできることからやっていくのです。
なにか問題や課題が見つかった構成要素はその道の専門家の力を借りることもあるでしょう。
しかし、
どの専門家に聞けばいいのか?
その専門家のアドバイスはいつまでに得られるのか?
そんなことでいつまでも立ち止まってはいられません。
なにかの問題や課題が見つかれば、すぐに誰かのサポートやアドバイスを求めればいいのです。
その答えやアドバイスが出るまでに、すぐに他の細分化した構成要素に取り掛かっていくのです。

意外と細分化した仕事ってそれぞれが密接に関係しあっていることが少なくありません。
他の構成要素の仕事を取り掛かっていると、前の課題や問題がいとも簡単い解決策が見えてくることがよくあるのです。
問題や課題にぶちあたった時にはどうしても視野が狭くなります。
他のその仕事の構成要素に取り組んでいると
「あぁぁ、そういうことか」
と気づくことが多いのです。

ですから、わからないことは横に置いといて
出来るちころから仕事を進めていくことは意外と効率的なことが多いのです。

あなたはできないことや難し問題や課題にぶちあたった時にmひたすらずっとそのことだけを考え込んではいませんか?
確かに考え抜くことは大切です。
時には
「後で考えよう」
という割り切りも役に立つことも知っておいてください。

サイン 作成 アプリ 無料