カテゴリー
未分類

地域薬局の使命は薬剤師が患者との関係性を築くこと

調剤に限らず薬局も生き残りをかけた競争に巻き込まれています。
大手から中小零細間までさまざまな薬局丘たちが多様化する中、これからの薬局像をそれぞれが模索していかなければなりません。

大手薬局はあらゆる商品を品ぞろえし総合スーパー的にあらゆるユーザーのニーズを満たしてくれます。
しかし、中小零細の薬局でも大手に勝つ戦略もあります。
それは特定のユーザーの特定のニーズを満たすことです。
大手薬局がデパートみたいなものなら、中小零細薬局は専門店を目指さなければなりあmせん。
中小零細薬局が大手薬局みたいに「あれ」「これも」はできないのです。
だからこそ「あれか」「これか」と選別して集中していかなければなりません。

たとえば大手薬局ではチェーン展開の性格上。なかなか地域密着型の営業戦略は取りずらいものです。
また大手チェーン薬局では人の移動も多く、患者との関係性もなかなか築けません。
だからこそ顔見知りの生活環境も知り尽くしている中小零細の薬剤師のほうが安心して相談できるのです。
そのためには薬剤師は率先して患者との関係性を築くことが重要になってきます。
中小零細薬局はその地域の住民のための地域薬局を目指さなければなりません。
今は処方箋通りの調剤だけでは大手薬局に勝てはしません。

確かに保険調剤という公的保険制度のもとでは、なかなか特色を出すのは簡単ではありません。
しかし、政府も薬局を健康情報拠点という位置づけに変えていこうとしている流れの中では、患者との関係性には特に力を注がなければならないのはみんな認識している事実でもありあmす。

病気の患者さんだけではなく、健常者や未病段階においていかに地域住民との関係尾性を持つか?
それはこれからの薬剤師として大きな使命でもあります。

待ちの営業から攻めの営業へ
中小零細薬局ほど「大手の強みと弱み」を理解し、自店の強みや特色を分析し、その強みを最大限に生かすことを考えなければなりません。
薬剤師 子育て 働き方