カテゴリー
未分類

親と同居する子供が増えている意外な理由

ひとり暮らしのイ「高齢の親
たまに実家に帰省したり
なにかの折に電話をかけると
声が弾んでいるように感じませんか?
「あぁ、やっぱりひとり暮らしは寂しいんだなぁ」
そう感じる子供は
「いつか同居もかんがえなくてはいけないのか?」
とも思いますよね。

でも、親との同居ってそう簡単い決められるものではありません。
実際に厚生労働省の調査結果では
65歳以上の高齢者で52%が子供と同居している
というものがあります。
これをみて「意外と親と同居している人が多いな」と感じるかもしれm線。
でも、そもそも65歳って高齢者なのか?
という疑問も私は感じます。

しかし、意外と親と同居している世帯も多いのも事実です。

同居にはいくつかのハードルがあります。
まず住まいの問題です。
親からすれば今住んでいる家の方が広く、住み慣れているので引越しなんてしたくありません。
子供からすれば、親と同居は大変だが「今より家は広くなる」しなにより「家賃がいらなくなる」というのが大きなメリットでしょう。
だからこそ、「親を呼び寄せて同居する」というより「子供が親の家に転がり込む」という同居が多いように感じます。

これに似た要因で「離婚」があります。
この離婚した子供(特に娘)が親と同居するというケースがとても増えているように感じます。
親からすれば可愛い娘
ましてかわいい孫よも一緒に暮らせる
「離婚するなら実家に帰ってこい」
と言いますし
なにより離婚する娘も冬府喧嘩で
「実家に帰ります!あなたの顔なんてもう二度と見たくありません。」
と三行半を突きつけることでしょう。

でも、この離婚により出戻り娘と他の兄弟たちでよく相続トラブルが起こるのです。
ほとんどの親の財産で最も大きいのが不動産 つまり実家の土地建物です。
しかし、離婚で実家に帰ってきて数十年の娘からすればもはや自分の家であり、相続とは関係ない財産なのです。
まあ、この息子と娘の意識のギャップが相続の遺産分割でよくもめるんです。
テレビの音がうるさい親

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です