カテゴリー
未分類

39歳から40歳の壁

子供の頃の40歳ってほんとにおばさんの領域だと思っていた。思っていたし、子供から見る40歳ってすごく年齢の行った感じがしていてそこの領域にはあまり行きたくないと思っていたのも事実だ。でもいざ自分がその領域に達すると・・・あらっ不思議。さほど抵抗もなくすんなりその領域に侵入しているではありませんか。あまり40歳の壁を感じてないまま40代を満喫している最中に気づく時が来たのです。残念ながらどうしようもない事実を突きつけられたのでした。それは・・・ある日化粧をしている時に何気なく鏡を覗き込んだら・・・毛穴の開きがまず目について、あれ?こんなプツプツだった?と小さなショックを受けるものの「気のせいかな?最近寝不足だったからお肌がくすんでるんだろね」なんて呑気に自分に言い訳をしていました。実はそれが40代の壁を突破した証拠だったのです。そこからは進行が早いのなんのって。毛穴の開き、小さなニキビ、くすみ、クマ、の自己アピールが加速していったのです。これはまずいと思って色々とケアを始めるのですが、急降下しだしたお肌を止めることが出来ないのです。年齢のせいだとあきらめかけていた時に救世主が現れるのです。ほんとに何かに導かれたように偶然が重なって疎遠になっていた友人と再会したのがきっかけでした。彼女は学生の頃はおしゃれには無頓着でみんながリップやマスカラを始めだしたころでも全く興味もなくどすっぴんだったのです。そんな彼女に会ったらまあ綺麗になっててほんとびっくり。毛穴も見えず、お肌もつやつやで同じ歳だと思えないほど。疲れなど見えないほど若々しくどこか楽しそうでしたのでリサーチ開始しました。何を使えばそうなるのか?という疑問を投げてみた。返ってきた答えは正しい洗顔と化粧水と美容液のみ。それだけ?と驚く私。だけどその洗顔一つとってもやり方が全く違うのでした。もっこもこの泡で包むように洗顔をすることが成功の第1歩だそうでした。それがなかなか難しいのです。実際やってみると洗顔後のお肌の調子があれ?いい感じなってる!ってびっくり。初歩的な事がいかに大事か、40歳の壁が必ず超えてくだいさいね。Brater(ブレイター) 美白美容液 30代

カテゴリー
未分類

介護の仕事と専門資格

介護の現場では3つに大効く分けることができます。
それは
医療系

介護系

そのどちらでもないその他リハビリや医療介護があります。

医療系の介護にはリハビリテーションや医療介護があります。
介護系には身体介護や生活援助などがあります。

一般に「ヘルパー」や「介護福祉士」といった介護系スタッフはほぼすべての事業所・施設で働いています。
看護職員や機能訓練指導員と言った医療系スタッフは主に訪問看護ステーションや介護保険施設など「医療+介護」のサービスを提供する事業所・施設で働いています。
また特定の施設や介護保険施設などいの居住型施設では生活指導員や医師、栄養士、ケアマネージャーの配置が求めr垂れています。

これ以外にも
福祉用具専門相談員の資格を盛る福祉用具事業社
居宅療養管理指導などを行う薬剤師や歯科衛生士
市町村の役所の介護保険担当者など
主に自宅で暮らす要介護者に様々なサービスを提供しています。

身体介護や生活援助を担う介護系スタッフ

ヘルパー(訪問介護員)
介護福祉士
介護系スタッフのうち最も多くの利用者と接する機会が多いのはこの方たちでしょう。
介護の専門知識と技術を身につけて介護の現場で
掃除・洗濯・買い物といった生活援助
食事・排泄・丹生世良くなどの身体介護
などのサービスを提供しています。

この中で司令塔ともいえるのがケアマネージャーの役割です。
利用者の状況把握(アセスメント)とケアプランの作成を担当しています。
支給限度額の各ににゃ利用者負担額の計算など介護給付の管理をします。
また利用者の意向を代弁して介護事業者と交渉したり、事業者の変更の責任権限を持っています。

医療・看護を担う医療系介護スタッフ

介護現場における医師の枠割は
ケアマネージャーが作成するケアプランに意見書の作成や居宅療養管理指導です。
居宅療養指導にはこの他にも
薬剤師は服薬指導
歯科衛生士は口腔衛生管理指導
があります。

また
看護師は健康瘀管理や医療的ケア
機能訓練指導員は運動療法や作業療法
を行います。
介護職員初任者研修 働きながら どこがいい