カテゴリー
未分類

メンタルの弱さの改善方法

先日、美容整形外科医の高須幹弥さん(お父さんは有名な高須克弥さん)のYouTube動画を見ていたら、ツィッターなどの悪口で落ち込んでしまうような人は、心理学や精神医学を勉強すべきだと主張されていて、確かにそうだな、と思いました。

心理学や精神医学を勉強すれば、嫌がらせをしてくる人たちの心理状態がわかるからだということでしたが、大人でも子供でも意地悪をしてくる人たちは、自分自身に問題を抱えている場合がほとんどなんですよね。

自分には何の落ち度もなく、嫌がらせをする人のストレス発散に利用されているだけだと考えれば、少しは気が楽にならないでしょうか。

無視をすればいいだけの話ですからね。

実際に意地悪をしてくる人は、95%くらい。リアルでは、大人しかったりひたすら無口な人だったりするから、それほど目立ちませんが、匿名の世界は違います。

そんな人が匿名で誹謗中傷してきますから、1人いれば10倍にも20倍にも感じます。

匿名だからハンドルネームを変えていくらでも攻撃が可能ですからね。

女子プロレスラーの人の痛ましい自殺がありましたが、やっぱり自分が言われて嫌なことは、リアルであれ、匿名の世界であれ、絶対に言わないということを肝にめいじておきたいと思います。

最近では、誰が嫌がらせをしていたのかも、わかるようですので、損害賠償を請求されたり、場合によったら、逮捕されることもあるかもしれません。

そもそも、自分の安易な嫌がらせ発言で、人の命を奪ってしまったら、その後の人生は真っ暗です。十字架を背負いながら生きていくのは辛いですからね。

「送信」「投稿」ボタンを押す前に、自分の発言で傷つく人が本当にいないかどうか、相手の身になって考えてみましょう。

批判と悪口は違います。人の容姿を貶す発言だって、醜形恐怖症や整形依存症になる可能性もあるのですから。

言葉はプレゼントにもなれば、凶器にもなります。人の人生を左右するような誹謗中傷は絶対に止めておきたいですね。

探偵 浮気 調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です