カテゴリー
未分類

あなたの時計の時間帯を5分割しなさい

あなたは1日をどのようにお過ごしですか?
わつぁひは一日の時間帯を5分割にして生活スタイルにしています。

では一日を5分割にするというのは飲んア物でh草加?
それは
①睡眠(一日に6~7時間)
②生きるための時間(食事・風呂・トイレ 約2~3時)
③仕事(通勤時間も含む 約10から12時間)
④体調維持(運動・休憩)や自分の趣味や遊び(約2ぁら3時間)
という風にしています。
意外と人間は毎日違うことをしているように見えても、実過去の5つのことhしかしていないのです。

①睡眠時間
睡眠時間には個人差がありますが最低6時間
多めの人でも8時間程度だと思います。
となると一日当たりまず夜中の12時ごろから午前6時か午前7時ごろまでは使えない時間になります。

②生きるための時間
生きるための時間は
朝・昼・晩の食事
時間威すれば早食いの人なら10分で済むかもしれませんがそれでは健康に良くありません。
やはり、20分から30分程度は核推したいものです。
ですので3回合計で平均すれば30分から1時間程度だと思います。
それに加えてお風呂屋トイレにお時間も加えれば2~3時間程度かと思います。
③仕事の時間
これが重要です。
しかし、これもその人のお仕事のスタイルによっても変わってきあmすが、会社員であれば勤務時間の長さによっても変わってきます。
この仕事の時間をいかに長く効率的に確保できるかがキーポイントです。
全体的には通勤時間も含めて午前7時半くらいから午後6時くらいまでの時間帯は仕事位になります。
④体調維持や趣味の時間
自分もための時間も必要不可欠です。
早起きができる人なら出勤前の時間を有意義に使いましょう。
早めに仕事を切り上げられる方なら、食事をしてお風呂に入っからの午後9時くらいから修身までの2時間から3時間を自分のための時間としてどのように使うか考えましょう。

この5分割に分けた自分の時計の時間帯
それぞれをいかに効率的に充実させるか?
そんな視点から時間の勇気着な使い方も考えてみてください。
ロレックス 形見 ボロボロ